時代が表される

金髪とドレス

入社をしたらありきたりの制服を着ることが当たり前であった風潮は、時代とともに少しずつ変貌を遂げてきました。白ブラウス、紺のスカートやブレザーというお決まりのものから、だんだんと企業のイメージや仕事のスタイルにあったオフィスウェアが主流になり、デザイナーズブランドのオフィスウェアを導入する企業が増えるなど、社会全体が華やかな時代もありました。その後、すこしずつ個性や機能性を重視する傾向となり、「カジュアルデー」などとネーミングされた私服で仕事をする日を設けたり、オフィスウェアがあっても、スカートだけ、ブレザーだけ、など、一部のアイテムは指定で、あとのアイテムは自由、というフレキシブルな決まりを設けた会社もありました。

しかし最近、オフィスウェアの人気がまた高まっているように思います。やはり、オフィスウェアの持つ統一感や、きちんとした印象は企業にとってはメリットとなる点が多いのでしょう。今は比較的安価で、デザイン性にも優れたオフィスウェアが増えてきていますが、既製品の中から選ぶのであれば、オーダーの追加が可能か、サイズ展開が豊富か、などの確認がまず必要となるでしょう。また、せっかくオフィスウェアを選ぶのであれば、社員の意向も取り入れたいものです。お気に入りのオフィスウェアを着ることで、仕事に対するモチベーションが上がることもあるかもしれません。もし、オーダーメイドで作成するのであれば、デザインや色などをより会社のイメージに近いものができるので、楽しみな反面、やはり規制のものに比べてコストがかかるという難点もあります。会社の規模にあわせて、用途や予算にあったオフィスウェアを選択することがはじめの一歩となるのかもしれませn。

注目の記事

オススメリンク